■プログラミングスクールRUNTEQを安心して申込するならココ!徹底調査!

 

 

▼プログラミングスクールRUNTEQの詳細・ご申込(加入)はこちらから ▼

 

プログラミングスクール RUNTEQ

 

 

 

 

 

■Webエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQについて(まとめ)

 

 

Webエンジニア養成スクール プログラミングスクール【RUNTEQ】について

 

RUNTEQ(ランテック)は、システム開発実績の豊富な株式会社スタートアップテクノロジーが、開発現場の声を徹底的に取り入れ、Webエンジニアに本当に必要とされるスキルを学ぶことができる実践型プログラミングスクールです。

 

 

 

 

 

現在、Webエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQを安心して申込するならココ!販売店についての情報の調査を行っております。

 

このページでは、Webエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQを取り扱っている販売店についてや、安心して申込できる、加入することができる、そして申込方法について、ネット、雑誌、ブログ、ツイッター・・・などのいろいろな掲載されている媒体や情報から、プログラミングスクールRUNTEQの最新情報を収集していきたいと思います。

 

その情報を整理しながら、みなさまにWebエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQについての役立つ情報を掲載してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Webエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQを安心して申込するならココ!販売店についてのインフォメーション

 

 

ここのパートでは、Webエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQを安心して申込するならココ!販売店について、当サイトが独自の方法・視点で、ネット・雑誌・ブログ等で調査・情報収集したものを、整理してコンテンツとして掲載していきたいと思います。

 

 

プログラミングスクールRUNTEQを安心して申込するならココ!販売店についてのチェックポイントを掲載してまいります。(現在、ただいま掲載準備中です。随時追加掲載してまいります。誠に申し訳ございませんが、お時間をいただきたく宜しくお願いいたします。)

 

 

 

 

 

■Webエンジニア養成スクール プログラミングスクールRUNTEQについて(まとめ)

 

 

Webエンジニア養成スクール プログラミングスクール【RUNTEQ】について

 

RUNTEQ(ランテック)は、システム開発実績の豊富な株式会社スタートアップテクノロジーが、開発現場の声を徹底的に取り入れ、Webエンジニアに本当に必要とされるスキルを学ぶことができる実践型プログラミングスクールです。

 

 

 

 

 

Webエンジニア養成スクール プログラミングスクール【RUNTEQ】の特徴について

 

 

1、現場のノウハウを詰め込んだ学習カリキュラム

 

課題解決型のカリキュラムとなっているため、開発現場で自走できるスキルが身につきます。

 

また、単純な新規アプリ開発だけでなく、既存サービスのバグ修正や新機能追加を通して、現場で必須となるコードリーディングのスキルを培うことができます。さらには現場で使用頻度の高いgemの学習や、Ruby on RailsだけにとどまらずフロントエンドのモダンなフレームワークであるVue.jsもカリキュラムとしてサポートしています。

 

 

 

2、現場の開発手法を意識した学習フロー

 

ローカルで環境構築を行い、プルリクエストベースで学習を進めていただくため、実際の開発フローを意識したカリキュラムになっています。

 

また、コードレビューは自動で行っているため、営業時間外や深夜にプルリクエストを作成してレビュー待ちになることはありません。好きな時間に効率的に学習を進めることができます。

 

 

 

3、現役エンジニアがあなたの学習をサポート

 

RUNTEQの講師は全て現役エンジニアで、CTO経験者も在籍しています。

 

カリキュラムに関することはもちろん、学習項目にはない技術的な質問でもきちんと回答することができます。もちろん学習方法やモチベーションに関するご相談も大歓迎です。

 

 

 

 

 

Webエンジニアになるメリットについて

 

 

1、手に職がつく

 

IT化が進むにつれて、より一層エンジニア不足が深刻な問題となります。高いスキルを身に付けることができれば、たくさんの選択肢の中からあなたが本当に関わりたい企業やサービスを選ぶことができます。

 

 

2、自由に働ける

 

毎朝スーツを着て、満員電車で通勤する非効率な職場とはおさらばです。リモートワークやフレックスタイム制を導入し、時間や場所に縛られず効率的に仕事をすることが推奨されます。あなたらしくもっと自由に働きましょう。

 

 

3、あなたのアイディアを形にできる

 

パソコン1つであなたのアイディアを形にしていくのがWebエンジニアです。まだ世に出ていない新しいサービスを産み出し、人から感謝される仕事のやりがいは何物にも変えられない喜びがあります。

 

 

 

 

 

Webエンジニアに必要なスキルについて

 

 

1、開発現場で自走できる技術力

 

Webエンジニアになるためには、与えられた仕事を自身の力で開発していく力が求められます。実務未経験の状態でも、実際の仕事を想定しながら約800-1,000時間の学習をしていけば、簡単な仕事を独力で対処することができるようになります。
※個人差があります

 

 

2、利用者視点で開発する能力

 

指示通り開発していくだけの人材は必要とされません。利用者が求める機能を考えながら、工夫して企画・設計・開発を行う力が重要視されています。

 

 

 

 

 

プログラミングスクールRUNTEQ Webエンジニアになるための 3つのコースについて

 

 

 

1、Webマスターコース : プログラミング完全初心者の方。プログラミング完全初心者から自社サーヒ゛ス開発系の企業にWebエンシ゛ニアとして就職したい方におすすめ

 

 受講内容
 HTML・CSSの初歩的なところから学習を始めます。
 RUNTEQでゼロから全て学びたいという方向けのコースとなります。

 

 

 

2、Railsマスターコース : HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方。Rails初心者から自社サーヒ゛ス開発系の企業にWebエンシ゛ニアとして就職したい方

 

 受講内容
 Railsの基本的な書き方から応用までを学ぶコースになります。なお、HTML・CSSなどの事前学習が必要になります。

 

 

 

3、Railsエンジニアコース : Railsの基礎を網羅的に学習した方。Ruby on Railsを使用した自社サーヒ゛ス開発系の企業にWebエンシ゛ニアとして就職したい方におすすめ

 

 受講内容
 Railsの基本的な書き方から応用までを学ぶコースになります。Rubyの基礎やHTML・CSSなどの事前学習が必要になります。

 

 

 

 

 

まずはお気軽にご相談ください

 

「どうすればWebエンジニアになれるのかわからない...」「未経験で転職できるのか不安...」

 

みなさんの不安を聞き、オンラインでアドバイスさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

▼プログラミングスクールRUNTEQの詳細・ご申込(加入)はこちらから▼

 

 

▼プログラミングスクールRUNTEQの詳細・ご申込(加入)はこちらから ▼

 

プログラミングスクール RUNTEQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る